地震が起きてマンションや住宅地が全壊叉は半壊すると地震保険に加入しているのか良く聞かれます。一戸建てのマイホームを購入した場合だと火災保険と同時に地震保険に加入される方も居られますが、マンションや賃貸契約の場合は火災保険だけで終わる場合が多い様です。その要因として言われるのが何時なんどきに地震が来るか分からない事と仮に地震保険に加入してたとしても全壊・半壊で全額負担で金額が下りる訳では無いことが上げられます。賃貸の相場では大体全額の5割に満たないとされておりこれを考えると何時起きるか分からない地震保険を払い続ける事に不満を持たれている方が多く更に言えばその地震保険が満額払い戻しには成らない事も地震保険に加入しない原因かと思われるので有ります。いざ、その場で体験して見て入っておけば良かったと後に成って思ったりもする訳なので今後の課題として上げられるとすれば勿論、地震保険に入っておく事に越した事は有りませんが、其れとは別に地震保険の満期額を設置して何も起こらなければ払い戻しが可能で新たに保険に加入するシステムに成れば若い方にも理解が出来て寄り地震保険に加入する方が増えるのでは無いかと思う訳です。私自身今回、被災者に成った事を受けてもう1度改めて地震保険についても見直して見ようと思っています。